2018年08月08日

イメージをカタチに、よりリアルに


【第3回こどものまち会議】が終了しました!

今回の会議では前回の内容からさらに一歩進んで、割り振られた予算内で用意するものを絞り込んでいきました。
自分達のお店を完成させるまでに「残されたあと2回の会議で何をするべきなのか?」を考え、やることの道筋を具体的に考えるところまできました。

出店までの計画の進み具合はお店によってバラバラですが、早いところではもう商品の試作に取りかかっているお店もあり、仲間同士集まって、膝を突き合わせるほど近くに寄って予算書の空白を埋めたり、商品の試作に取りかかったりと、前回以上の熱気が伝わってきました。

第1回、第2回の会議では、とにかくやりたいことをどんどん考えてもらっていました。こどもたちができるかぎり自分たちで作る「まち」ですから、大人から見て「それ、ちょっと風呂敷広げ過ぎじゃない?」 「予算内でそれ全部やるのは難しいんじゃない?」と思うようなことでも、口を挟まず、否定せずに聞くようにしていました。

やりたい事、思ってることはどんどんアウトプットしていけばいいし、いずれそこから広げた風呂敷をたたまなければいけないときが来ますが、大きく広げていれば広げているほど、目標が遠くにあればあるほど、実際に出せる成果も大きなものになりますから。

そして今回、その広げた考えを収束させる時がきています。材料は与えられた予算の中から調達する、やりたいこと、作りたいものがたくさんあるお店ほど取捨選択を迫られます。
店長さんの数が多いお店だと、一番に作りたいもの、やりたいものがそれぞれに違う時には、意見をすり合わせなければいけません。
商品のラインナップを減らすのか、作る数を減らすのか。材料を安くシンプルなものにするか。思い切ってどれかを諦めるか。

お店を開業するのに必要な予算書と商品希望書。子ども達は何度も書いては消して直してを繰り返して、大人に見せにきてくれます。何が足りていて、何が不足しているか。
ついつい問題点を箇条書きにして一気に伝えたい気持ちに駆られたりもしますが、こどもたちが自分で考えて計画を進めていけることが大切なので、こちらからはできるだけ質問することでこどもの考えを促すようにします。

「これをやるためには何が必要?」「こういうことが起こったときにはどうするの?」
こどもたちにとっては質問攻めにされているようで意地悪に思えてしまうこともあるかもしれません。

「もうこれだけ考えたんだから、後はもうやってみればいいじゃん」「早く先に進みたいのに」そんな風に感じているのが伝わってくることもあります。子どものほうが大人よりもずっと直観的だし行動力がある。そして何より楽天的なんですね。それは素晴らしいことだと思います。

大人がするべきことはこどもの想像力や行動力をできるだけ抑えることなく、計画が実現できるように手助けすること。必要な事は嫌がられても伝えていかないといけないけど、なるべくこどもがモチベーションを失わずにいられるようサポートしていきます。

最初から作るものが絞り込まれているお店、コストがあまりかからず、もしかしたら予算が余りそうなお店などは、スムーズに商品の試作づくりを始めることができていますが、それが必ず正解というわけではありません。
こどもにとって本当に必要なのは結果だけでなく過程です。一生懸命自分達で考えたお店だから、もちろん結果は出したい、失敗したくない。

でもここはこどものまちです、万が一失敗してしまっても大丈夫、失敗できる機会を与えられていることもまた、大人の世界にはない、とても価値のあることだと思います。
だからこどもたちには、自分たちのプロセスを大事にして、それぞれのお店の実現に向けて一歩ずつ進んでいってほしいです。


さて、今回の会議での大きな出来事は、とうとうこども市長が決定したことです!
高砂と加古川で3人に絞られた候補者に、それぞれの言葉で自分の公約を発表してもらいました。
中には大人顔負けの具体性をもった公約を掲げる子どももいて、驚くとともに、とても頼もしく感じました。

他のこども達に廊下に設置された投票箱に名前を入れてもらい、厳正なる開票作業の結果、高砂と加古川でそれぞれ二人の市長が誕生しました!
自分たちのお店を切り盛りするだけでも大変なのに、まち全体を良くするための市長としてのビジョンもちゃんと持っているのが素晴らしい!

他のこども達の意見をまとめるのは大変ですが、得られるものはとても大きいと思います。
大人たちの手を借りずに自分たちの要望を自分たちで叶える。自分たちで自分たちのまちを良くしていく。こどもたちの中で良い循環ができることを期待しています。

次回の会議では商品づくりやお店づくり、まち全体のたくさんのことがさらに固まっていくと思います!

第4回のまち会議は8月25日です。

posted by 事務局 at 12:31| Comment(0) | こどものまち2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

曽根学童パフェ〜〓〓

2018080114030000.jpg2018080113590002.jpg2018080113580001.jpg2018080113580000.jpg
高学年さんが企画をしてくれて、3〜6年生のほうは、おやつにパフェ作りをしました。

聞いただけで、すぐ食べたくなる、魅力のパフェ〓

前日の、6年生から説明を受ける時から、真剣そのもの。
支援員が、持ち物等の説明をしても、一生懸命故に、質問だらけ。

当日は、エアコンのない調理室で、祭りの準備で電力が使われ、冷蔵庫にスイッチが入らない状態のなか、やりました。

アイスが、アイスが溶けてしまう!!と、思いながら…
暑いから、チャチャツと用意して、パパッと作って、食べるよ〓
の、支援員の声かけ通りに、チャッチャカ、エプロンをつけて、美味し〜いパフェを、皆で作って楽しみました。〓
posted by 事務局 at 11:42| Comment(0) | 曽根学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

米田西学童『手作りの昼食』

DSC_0541.JPGDSC_0542.JPGDSC_0539.JPGDSC_0540.JPG
今年の夏休みは、いずみ会さんの協力の元、調理実習に挑戦です。今回の班は1、2年生のみだったので、ちょっと心配もしましたが…みんな行く前から張り切っていました。野菜を洗い、包丁で切る作業や、フライパンで炒めたり、盛り付けもして…初体験の子どももいましたが、頑張って挑戦していました。自分達で作ったお料理は、とても美味しいと!好評でした。これを気に、お家でもお手伝いする子どもが増えてくれると、嬉しいですね
posted by 事務局 at 19:42| Comment(0) | 米田西学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

荒井学童 ☆夏休みアンケート☆

今年の夏休みは、アンケートBOXを設置して子ども達に「夏休みに借りてきて欲しいDVD」、「夏休み中にやってみたいこと」についてのアンケートを募集しました。
子ども達は、とても嬉しそうに紙に書いていました♪
 
 
アンケートの中から…
・特技見せ大会
・紙飛行機大会
・変装大会
・おやつを山ほど食べたい
・リカちゃんのシリーズで いっぱい遊びたい
・プールに行きたい
など、たくさんの意見が出ました!!
 
できる事・できない事はありますが、出た意見の中から可能な限り、子ども達の意見を取り入れて楽しい夏休みにしたいと思います(^-^)★
posted by 事務局 at 22:11| Comment(0) | 荒井学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

夏休み★高砂学童★

高砂学童では、通常は、低学年部屋と高学年部屋に、分かれて生活していますが、夏休みは、高学年部屋にクーラーがないため、低学年部屋にて、全員で生活しています。
 
今年の夏は、異常な暑さで、熱中症予防のため、お部屋で生活する時間が、多いため、みんなで楽しめることを考えようと、4年から6年の高学年が、毎日、お楽しみ会を、企画してくれています。
 
メニューは、日替わりで、毎日、高学年の子どもたちが考えてくれます。
 
○バツ1クイズ・なぞなぞ・伝言ゲーム・フルーツバスケット・ジェスチャーゲームと盛りだくさん
 
今日は、4.5年の男の子が、『箱の中身は何でしょう?』をしてくれました。
高砂学童恒例の、遊びですが、一年生たちにとっては、初めてのゲームです。
「どんなゲームやろ?」
ワクワクドキドキ
箱の中に、手を入れて、恐る恐る触ります!
「あっ!あれや!」
答えは、班の人全員が、触ってから、みんなで答えます。
いっせぇの〜で『筆箱『当たり〜』
というふうに、みんな、大正解OK!2でしたよ
 
今日も、すごく、楽しい時間を過ごせました
ゲームの最後には、楽しい企画をしてくれた、高学年さんに、みんなで、
『ありがとう。』
を言います
 
普段は、あまり交流できない高学年と低学年ですが、夏休みを一緒に過ごして、すごく絆が深まりました。
毎日、充実した時間を過ごせていて、とても、嬉しく思います。   
posted by 事務局 at 18:31| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする