2018年06月25日

〜6月のお勉強〜

今回の支援員の勉強会は、高砂市・播磨町の全支援員が集まって話し合い。
テーマは「子供との関わりについて」

今や子どもの境遇も複雑…
学校・友達・習い事…現代の子どもたちは、いろんな悩みやプレッシャーなど
実は、たくさんのモヤモヤを抱えて、学童に帰ってきます。
高学年にもなると、思春期なんかもあり支援員にあたってしまう子も…

学童の支援員達は、そんな子ども達のモヤモヤを少しでも解決してあげたいと
日々考えを巡らせて、子どもたちと関わりを持つのですが
時には、なかなか上手く噛み合わず、支援員も悩むことも…

そこで、各々の学童から様々な事例を持ち寄り、どんな関係作りをしたか
子どもに接するときにどの様に心がけているか、今悩んでいる関係づくり…などなど
いろんな体験談を話し合い、自分の悩みの解決、いろんな対応法を検討し合いました。

2.png

1.png



今後もこのような場を設けながら、支援員もスキルアップを怠らず
今、学童を利用する子ども達に最適な支援を行っていきたいと思います。
posted by 事務局 at 00:00| Comment(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

〜支援員のお勉強〜

今年度もたくさんの1年生を迎え入れスタートした学童。
子ども達も支援員も新な始まりを迎え慌ただしい日々を過ごしていましたが
ちょっと一息…という間もなく毎月の支援員のお勉強会が今年も始まりました。

今回は「救命講習」です。
高砂市消防本部で救急隊員方から講習を受けてきました。
胸部圧迫やAEDの使用法、怪我の応急処置について
今回は、保育中に実際に起こりそうな場面設定で流れを練習させて頂き
それぞれ、自分の学童の状況に置き換えて考え、勉強させていただくことができました。

20180510_100323.jpg


1.jpg


これからは、気温も徐々に高くなり、日も高くなることで外で遊ぶ時間が長くなり…と
子ども達にとっては楽しい時間が増える一方で、怪我をする場面も増えてきます。
子ども達が安全に安心して過ごせるよう支援員も
「もしも…」に備えしっかりと勉強していきます。
posted by 事務局 at 10:55| Comment(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

支援員の学習会

今月の学習会は…
「製作について」
今回、講師を努めたのは学童の支援員。

身近な材料で簡単にできるいろんな工作のアイディアを
他の支援員に披露しましたimage01.gif
20171213_103445.jpg

20171213_113454.jpg

中には、昔の学童保育支援員の講習等で披露されていたものもあり
説明を受ける前から作り方を知っている指導員もおり
「あ〜!!わかった!!」と少しフライングしてしまう場面もimage06.gif
普段は、子ども達に教える側になるため、自分ができるとなると
大人も楽しくなってしまいますimage05.gif

20171213_104019.jpg

これから、冬休みもやってくるので学童で子ども達と過ごす時間が増えてきます
今回学んだ内容を、それぞれの学童で子ども達と楽しむことが出来たらと思いますimage01.gif
posted by 事務局 at 12:46| Comment(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

支援員もお勉強

学童の支援員はより良い保育を行なっていけるよう
毎月、学習会を行っています。image03.gif

今月の学習会は…
「絵本について」
図書館員の方からお話いただき「児童文学論」を基にしながら本の選び方や
楽しみの伝え方を学びました。

中でも、本を選ぶ際のお話で
子どもが直感的に
*簡素な美しさ
*生命
*知性
*理性
*遊び
といったことを感じ取れる本が良い本であり
そういった本に
「考え方が柔軟な子どもの頃に、たくさん出会わせてあげてください」と
お話されていたのがとても印象的でした。image11.gifimage06.gif

20171129_104323.jpg

読み聞かせを取り入れている学童も多く、子ども達にどんな本を提供してあげれば…
日々、指導員も考えます。
これから本を選ぶ際、参考にしていきたいと思いますimage08.gif
posted by 事務局 at 19:38| Comment(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

来年で10年目に突入

保護者の手で作られてきた学童保育所の運営を引き継ぎ、
法人として運営をしてきて、もうすぐ10年目に突入する。

これまでの10年を振り返り、
これからの10年をどのようにデザインしていくか、
この12月に決めていきたいと思います。

posted by 事務局 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

高砂市制60周年記念式典

たくさんの市民の皆さんがお祝いに駆けつけた高砂市制60周年記念式典に参加して来ました。

高砂キッズ・スペースも福祉功労の感謝状をいただきました。
昨年、学童保育開設30周年をお祝いし、今年は、高砂市の60周年。
来年は、NPO法人化10周年で、より良いこども環境の提案をして行きます。
6CECE2AD-6562-43AD-A3DA-CF461F715756.jpg

写真は、感謝状を受け取った久井代表理事
posted by 事務局 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

どんぐりキャラクターの缶バッチプレゼント

先日、「たかみくらの焼け跡に小学生の子どもたちでどんぐりの木をうえよう!〜たかみくら再生・どんぐりんぐプロジェクト」のキャンペーンキャラクター、「たかみぐりん」と「たかみっくり」の缶バッチを製作しました。
名前の応募をしてくれた子どもたちに参加賞として、缶バッチをプレゼント。
今後、このキャラクターで、どんぐりんぐプロジェクトを広めていきます!
自分の家でも、どんぐりを育ててくれる方や苗を育てるために必要な土を買うための寄付金を募ります。
posted by 事務局 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

発達サポーター養成講座第5回終了

昨日は早くも第5回目の要請講座でした。
テーマは、社会技能訓練(以下SST)を取り入れた支援で、
講師は、こども発達サポートセンターの泉先生にご来臨していただきました。
先生は、発達障がいの学習サポートをされている方で、長年の経験から個人に合った教材を独自で作成され、支援に活用されています。
今回の講座では、SSTをどのように支援に取り入れていくか、SSTを活用する上での留意点、また泉先生が実際に使用されている教材を一部ご紹介いただき、そのノウハウについてもお話いただきました。
学習面でサポートに関わる機会がある来場者の方には、かなりたくさんのヒントを得た講座になったのではないでしょうか。
【発達サポーター養成講座第5回】
日時:平成22年10月5日(火)19:30〜21:00
場所:高砂市中央公民館
講師:こども発達サポートセンター 泉 和男氏
posted by 事務局 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

連続3回講演

発達サポーター養成講座も第4回を終えました。
第2回から第4回までは連続3回講演でおこないました。
テーマは、発達障がいとは?
発達障がいには具体的にどのような障がいがあるのか?また、それぞれの特徴と問題が起こったときの対処の方法など、基礎知識から現場での対処方法の具体例を3回に分けて講演していただきました。
講師は、近畿医療福祉大学臨床福祉学科の石井先生にご来臨していただきました。
石井先生は、特にLD(学習障害)の学習支援について研究されており、心理学の観点からご講演いただきました。
ご来場された方から、もっと聞きたかった。や、おもしろかった。という声もいただきました。
私自身も、大学の現役時代を思い出すような楽しい講座になりました。

【発達サポーター養成講座第2回】
日時:平成22年9月14日(火)19:30〜21:00
場所:高砂市中央公民館
講師:近畿医療福祉大学臨床福祉学科 石井 恒生氏

【発達サポーター養成講座第3回】
日時:平成22年9月21日(火)19:30〜21:00
場所:高砂市中央公民館
講師:近畿医療福祉大学臨床福祉学科 石井 恒生氏

【発達サポーター養成講座第4回】
日時:平成22年9月28日(火)19:30〜21:00
場所:高砂市中央公民館
講師:近畿医療福祉大学臨床福祉学科 石井 恒生氏
posted by 事務局 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

発達サポーター養成講座の開催

高砂市から依頼を受けて、全9回講演のセミナーをコーディネートしました。
発達障がいのある子どもに関わりのある人を対象に、平成22年9月11日(土)を第1回目の基調講演とし、第2回以降は翌週から毎週火曜日の夜に、高砂市中央公民館でおこないます。
第1回目のテーマは、発達障がい児の支援の現状とこれからの課題でした。
講師は、東はりま特別支援学校の大西先生にご来臨していただきました。
当日は隣の部屋で笛や太鼓の練習をやっており、BGMにしてはちょっと音量の大きすぎました。
しかし、大西先生はそれに劣らない程の大きな声で講演してくださいました。
大西先生、すばらしいご講演ありがとうございました。

【発達サポーター養成講座第1回基調講演】
日時:平成22年9月11日(土)13:30〜15:00
場所:高砂市中央公民館
講師:東はりま特別支援学校 大西 隆文氏
posted by 事務局 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

お化け屋敷を開催!!

IMG_2340.JPG


肌に湿気と熱気のまとわりつく蒸し暑い日が続きますね…
空模様も入道雲(積乱雲)が出てきて、すっかり夏の空になりました。
いよいよ本格的な夏の到来です。

こんな暑い日には、身も心もひんや〜りするモノを求めていませんか?
そんな皆さんにお応えしましょう!!
暑い夏のイベントは、なんと言ってもお化け屋敷!!
…ということで、高砂キッズ・スペースのお化け屋敷を開催することになりました。

高砂町の銀座商店街(サンモールの南側)でふれあい夏祭りが開催されました。
第1回目は、7月10日(土)でした。
その祭り内で、高砂キッズ・スペースが借りている空き店舗を利用してお化け屋敷に
改造しちゃいました。
当日は、およそ100人のお客さんがお化け屋敷に来てくださいました。
中では、「きゃぁぁぁぁぁぁぁあ!!」と悲鳴がやみませんでした(笑)
途中でギブアップする人や、大泣きして出てくる人もいました。
…そんなに怖く作りすぎたかな?

次回は、7月24日(土)、場所は同じ銀座商店街のふれあい夏祭り内です。
今度は、さらにお化け屋敷をリニューアルしてお待ちしています。
でも、大丈夫!!
リニューアルといってもさらに怖くするのではなくて、怖すぎたところを改善したり、
あまり反応がなかったところを変更したりと、バランスよくまったく新しいものに
仕上げていく予定です。

この夏、皆さんが少しでもひんや〜りできるように、また、思い出に残るような
お化け屋敷を作っていきます。
posted by 事務局 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

2009年 AP始動! 「伝承遊び☆パーク」

皆様お久しぶりです!

2008年度の「こま・けん玉」教室終了からはや2ヶ月、、。

遊びプロジェクトがパワーアップして帰ってきました☆

その名も「伝承遊び☆パーク」!!

何が一番変わったかといいますと、開催場所が、オープンスペースから体育館へと変わりました!

「伝承遊び☆パーク」とは、体育館をフルに活用し、色んな遊びのコーナーでいっぱいにし、USJのような遊びのテーマパークを創造します!

たくさんの遊びのアイデアを実現し、人気のあったものは継続し、そうでなかったものは他の遊びのコーナーと入れ替えていき、楽しい空間を、参加者や高砂市周辺の方々に協力してもらいながら、発展させていきます。

第1回の目玉は「ハゲハゲおじさんの ミニ水族館」です。

高砂近海で取れた魚介類をタッチプールに放ち、参加者に魚たちと自由に触れ合ってもらいます。

タッチプールのみは無料で開放する予定なので、是非「来て見て触ってくださいね☆」

他にも、現在面白そうなアイデアを練って続々と遊びコーナーを開発中ですので、楽しみに待っててください。

開催日は5月9日 10:00スタートです☆ (体育館は12:00までなので、その後はオープンスペースでミニパークをします)

参加費は小学生以上は一人500円です。(小学生以下のお子様は無料。ただし、保護者の参加が条件です。)

現在チラシを作成中で、来週中には市内の小学生の全家庭にお届けします。

遊びに来てくださいね☆

posted by 事務局 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

こま教室 盛り上がってきました

2009年2月22日 伊保小学校のオープンスペースで親子遊びプロジェクト「こま・けん玉教室」が開催されました。

最近は参加者の中で、自分のコマに色を塗って、回した時にキレイな模様が見えるのを楽しむ事が流行っています。

これは、検定で壁にぶつかった子や、まだ、コマを回す事しかできない子ども達でもとても楽しんでいます。

こどもの発想というか、遊びの発展を観察していると、関心します。 

 

CA390025.JPGCA390477.JPGCA390022.JPGCA390479.JPG

次回は3月8日を予定しています。

次2008年度最後の遊び教室なので、いつもの教室+お楽しみなイベントを用意しています☆

ぜひ、1度遊びに来て下さい☆

自分だけのコマを作って遊びましょう☆

posted by 事務局 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

稲刈り&石焼き芋

6月21日の田植えから夏休みの案山子作り、8月の案山子設置

9月の案山子コンテストと続いて、10月18日にやっと収穫の時期を迎えました!

期間にすると約4ヶ月、大地の恵をいっぱいに受けた稲を約50人の子どもと20人の大人が

それぞれ、カマを持って刈り取る作業や刈り取った稲をワラで束ねる作業を順番に役割分担しながら、

約1時間半で、全ての作業を終了しました!

なれないカマを使った作業で、苦戦した子もいましたが、普段何気なく食べているご飯が、

これだけの手間と時間がかかっている事を少しでも子どもが感じてくれれば良いと思いました。

子どもにとっても、大人にとっても貴重な経験になりました。

稲刈りの後は、阿弥陀学童の子どもが、10月11日に高砂版ダッシュ村から掘ってきてくれたお芋を

石焼き芋にしてみんなでいただきました!

大地の恵に感謝した一日でした☆

 

 

posted by 事務局 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

案山子ストリート撤収!!

たくさんの人のご協力を得た案山子コンテストは大成功を収め、無事終了しました!!

関係者の方々、ほんとうにありがとうございました!

案山子ストリートの開催期間も終了し、あの案山子達は今、倉庫で一休みしています。

アート案山子を田んぼから撤収する時に、珍しいものを見つけました。

 

bw_uploads/GetAttachment.jpg

カマキリの産卵です。

案山子をグラグラ揺すって抜いて、軽トラに積んだ時に発見しました。

けっこう激しく動かしたけど、カマキリはもう産卵中だったので、動くことが出来ず、そのまま産卵を続けていました。

僕は、この角材からアート案山子を外し、角材だけを田んぼのあぜ道に置いてきました。

収穫が終わった頃に、また様子を見に行こうと思います。

あ、そうそう。

案山子を外したら、次はいよいよ収穫です!

10月18日のお昼から、収穫をします!

みなさん是非、最後の大仕事を僕達と一緒に体験しましょう!

ここだけの話ですが、収穫のお手伝いをしてくれた人には、今までとはひと味違ったお土産を用意する予定です。

石焼きではないけれど、この季節にピッタリの「アレ」です☆

ホクホクの「アレ」をご用意する予定なので、是非遊びに来て下さいね☆

 

posted by 事務局 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

サマーミーツを終えて、、。

夏の一大イベントが無事(?)終了しました!!

2泊3日を共に過ごした中で、笑いあり、ケンカあり、涙あり、そして達成感と感動がありました。

僕がサマーミーツを経験して感じた事は「個人の限界と、チームワークの大切さ」です。

子ども達にとっては、新しい出会いと非日常的な初めての体験の連続で、精神的にも一回り大きくなれたと思います。

スタッフにとっても、貴重な経験ができ、成長への課題が沢山みつかりました。

 

子どもの反応としては、いつもはイベントをしても「おもんない、しょうもない」って言うような子どもが、

学童の指導員に対して「めっちゃ楽しかった!」と言って友達に

「何で行かへんかったん?めっちゃおもろかったのに☆」と言っていたそうです。

 

学生さんのスタッフは、「キャンプファイヤーで、最後にみんなが肩を組んで、輪になって歌を唄った時に、

感動して泣きそうになりました。 私だけ?って思ってたら、ほとんどみんながそうでした。」って教えてくれました。

 

僕としては、反省する所が沢山あって、これからのイベントへ向けてのモチベーションがグングン上がってきました。

この経験を活かして、これからも子どもと地域社会を結びつける様なイベントを開催して、

子どもの世界を広げる手伝いが出来ればと思っています。

 

まだまだ未熟者の僕ですが、子ども達と一緒に、少しずつ成長していきますので、これからも宜しくお願いします。

最後に、レクリエーション協会のみなさん、学生スタッフのみんな、青年の家の職員さん、こども盆栽の松浦さん、にくてんの「ミナミ」さん

そして、今回のサマーミーツに参加してくれた子どもたちとそのご家族、サマーミーツに関わった全ての人に感謝します。

 

ほんとうに、ありがとうございました!

 

これからのイベントにもドンドン参加してくださいね☆

 

早速明日、8月23日は案山子立てのイベントがあります!

(ちなみに、その日は僕の誕生日です☆)

参加してくれた人には、ジュースの差し入れと、収穫したお米をもらえるチケットをお渡しします!

当日参加OKです☆

来れる方は、13時までに、竜山中学校の南側、新幹線の高架下に集合してください☆

約1時間で終わる予定です。

 

みんなの笑顔に会えるのを楽しみにしています☆

りょうせん

posted by 事務局 at 03:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

オモロー案山子、続々登場!!

かかし作り、着々と進行中です☆

米田から始まった案山子作り、高砂、伊保、中筋、伊保南、北浜、曽根、阿弥陀と順調にオモロー案山子が完成しました。

残すところは、米田西と荒井です。

僕が見てきた感想は、老人会の方は、とっても暖かいなぁ。 と感じました。

焦らず、無駄なく、きっちりと、案山子作りを楽しんでくれていました。

 

子どもたちはいろいろでした、、。

 

おじいさんの手本をしっかり見て、おじいさんにスパルタ指導されながらも、しっかり作業をやり遂げた子は、完成した案山子の前で、おじいさんにほめられて、

満面の笑みを浮かべていました。

多くの子どもたちにとって、おじいさん、おばあさんと協力して本物の案山子を作る事は初めてで、貴重な体験になったことでしょう。

 

全学童の案山子が完成したら8月23日に、案山子を田んぼに設置したいと思います。

場所は、みんなが6月に田植えした田んぼとその周辺の田んぼです。

是非みんなで作った、オモロー案山子集団をご覧ください!!

 

posted by 事務局 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

第2回 凧作り教室


7月12日 米田西小学校で、凧作り教室を開催しました。

参加者は7組で、のんびり楽しく凧を作る事ができました。

1年生以下の子どもの何人かは、作る作業が難しいく、何も出来ないので飽きてしまい、体育館をパタパタ走りまわっていました。

それでも、お母さんが凧を完成させてくれると、自分の胴体くらいの大きさの凧を抱えて、運動場へ飛び出しました☆

そして、自分が絵を描いて、お母さんが作ってくれた凧をあげる為に、またパタパタ走り回っていました☆

僕の感覚では、何も持たずに走るのは嫌だけど、「凧をあげる為」と思ったら、あんまり疲れずに走れるんです。

子どもたちも、「そんなに走らんでもええで」ってくらい一所懸命に走っていて、それを見ているとすごく楽しい気分になりました☆

2学期以降も高砂市内の小学校を回って凧作り教室を開催していきますので、楽しみに待っててください☆

posted by 事務局 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

親子遊び教室 vol.3終了☆

遊びの仲間ができてきて、会場がすごく楽しい雰囲気になってきました☆

特にS君の元気っぷりは半端じゃなかったです!!

彼がムードメーカーになってくれたおかげで、みんなが仲良くなり易かったと感じました☆

遊びプロジェクトはこれから夏休みに入ります☆

次にみんなと遊べるのは9月21日の予定です☆

僕が親子遊び教室を開催する狙いは、子どもにとって、自分と違う小学校の友達が出来る場を提供する事で、少しでも自分達の世界を広げる事が出来れば良いと思っています。

これからも、いろんなイベント・遊びを通して、友達の輪を広げていきたいと思っています☆

是非遊びに来てくださいね☆

posted by 事務局 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田んぼに入ってどろどろ!田植え!!

6月21日は去年に引き続き、第2回の「農業体験イベント・田植え」をしました。

参加者は高砂市内外の小学生の親子120人程でした。(御影からの参加者もいました☆)

予想以上の参加者に対し、スタッフは三菱労働組合のボランティアさんを含めて総勢15名程でした。

実際イベントが始まると、予想外の事態が起こり、スタッフだけでは人手不足の状態になってしまいました、、。

 

 

 

 

わちゃわちゃーーーーとなっている会場で、みんなそれぞれ手一杯の状況を救ってくれたのは、参加者の保護者の方々でした☆

子ども達と一緒に田んぼに入ってくれて、周囲を統率してくれたり、田んぼから出てきた子ども達の手足をホースの水できれいに洗い流してくれたり、道路に車が通る時に子ども達に知らせて、安全確保してくれたり、、。

我が子だけではなく、自分の目の届く範囲の子に分け隔てなく対応してくれるみなさんの優しさを見ていると、すごく嬉しい気持ちになりました。

これからも、案山子(かかし)作り・設置や稲刈り・収穫祭とイベントは盛りだくさんなので、これからも是非ご参加・ご協力宜しくお願いします☆

今回参加できなかった人も、是非ご参加ください☆

参加して頂いた子どもには、農業体験参加証という物を配布しております。

収穫したもち米から作ったお餅を参加証と交換でプレゼントする予定です☆

だから、大切に保管しておいてくださいね☆

posted by 事務局 at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 事務局通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする