2018年08月13日

高砂学童 お盆休み

image1.JPG
立秋を迎えてから、朝晩は少しだけ過ごしやすくなりましたが、まだまだ日中の気温は高く、クーラーの効いた室内で過ごしていても、なんだか疲れが溜まっているのか鼻がぐずぐず、のどがガラガラといったお友達が多くなってきています。
引き続き、水分補給など熱中症対策や、手洗い・うがいといった予防の声かけを行って元気に過ごしたいと思います。

夏休みの暮らしも少しずつ生活の流れが身についており、「片付けましょう」の声かけや、昼食やおやつ前に台拭きを絞ってくれるお手伝いを、自らしてくれる姿が3年生や2年生、1年生にも見られます。
支援員はとても嬉しく思い、その都度「助かります」「ありがとう」と伝えています。

遊びは、ブロック・折り紙・将棋・オセロ・バランスゲーム・ぬりえ・トランプ・UNO・けん玉・おままごと等、毎日お気に入りの遊びは決まっている様子ですが、夏休みは3年生〜6年生も混ざって遊んでいるので、1・2年生のけんかの話を聞いてくれたり、1年生が6年生のお姉さんにべったり甘えたりと、普段と違う光景が見られます。
とても微笑ましく思うのですが、時折、注意をしてくれるお兄さんの言葉がきつく聞こえる事があるので、「言ってくれてる事は合ってるよ、ありがとう」「もう少し、優しい言葉にしてほしいな」と伝えています。
少々言葉がらんぼうですが、けんかの仲裁をしてくれたり、間違った時に注意をしてくれたりする気持ちは嬉しいことなので、一緒によく見てよく聞いて、低学年が「こわい」と思われたら悲しいもんねとお話ししています。

お盆休み前に、また、どんな楽しいことがあったか教えてね〜とみんなにお話ししたので、会えるのが楽しみです。
posted by 事務局 at 10:54| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

夏休み★高砂学童★

高砂学童では、通常は、低学年部屋と高学年部屋に、分かれて生活していますが、夏休みは、高学年部屋にクーラーがないため、低学年部屋にて、全員で生活しています。
 
今年の夏は、異常な暑さで、熱中症予防のため、お部屋で生活する時間が、多いため、みんなで楽しめることを考えようと、4年から6年の高学年が、毎日、お楽しみ会を、企画してくれています。
 
メニューは、日替わりで、毎日、高学年の子どもたちが考えてくれます。
 
○バツ1クイズ・なぞなぞ・伝言ゲーム・フルーツバスケット・ジェスチャーゲームと盛りだくさん
 
今日は、4.5年の男の子が、『箱の中身は何でしょう?』をしてくれました。
高砂学童恒例の、遊びですが、一年生たちにとっては、初めてのゲームです。
「どんなゲームやろ?」
ワクワクドキドキ
箱の中に、手を入れて、恐る恐る触ります!
「あっ!あれや!」
答えは、班の人全員が、触ってから、みんなで答えます。
いっせぇの〜で『筆箱『当たり〜』
というふうに、みんな、大正解OK!2でしたよ
 
今日も、すごく、楽しい時間を過ごせました
ゲームの最後には、楽しい企画をしてくれた、高学年さんに、みんなで、
『ありがとう。』
を言います
 
普段は、あまり交流できない高学年と低学年ですが、夏休みを一緒に過ごして、すごく絆が深まりました。
毎日、充実した時間を過ごせていて、とても、嬉しく思います。   
posted by 事務局 at 18:31| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

高砂学童 今流行っていること

image1.JPGimage2.JPG
高砂学童では、低学年部屋と高学年部屋共に今、『けん玉』が流行っています。

以前から、部屋遊びの選択肢の1つとして、低学年部屋でけん玉をする姿はありましたが、もしかめの回数が増え、「せんせ〜、もしもしかめよまでできたで」「せんせ〜、ここにのったで〜」と、毎日報告してくれて、技ができるようになってきたりするともっと楽しくなった様で、お家でけん玉を買ってもらったと教えてくれる子達がでてきました。

今まで置いていなかった高学年部屋にもけん玉を置いてみると、みんな手に取り、技を中心に練習するようになりました。
特に、「野球」と呼ばれる技をみんながんばっています。
「先生〜勝負しよ」と、2〜3人で誰が1番多く玉に入るかを競ったり、「膝を曲げるねんで」「とめけんのコツってなになん?」と、支援員と子ども達が共に教え合って、出来たら喜び・讃えあっています。

時には、技がとても上手な低学年の女の子に、「ちょっと、お手本みせて!」と、高学年部屋に来てもらって披露してもらい、それを見て技に挑戦し、出来るようになったりもして、それぞれがヒーローになりとても嬉しいです。

学童では、毎日の遊びの中で出来なかった事が今日出来たり、沢山の喜びがあります。
お家でも是非、今日なにかニュースがあるか聞いてみてください★
posted by 事務局 at 13:49| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

【こども会議】今年のこども会議が始まりました。

”こどものまち2018”はじまりました今回のこども店長は100人超えとなり、『加古川』『高砂』『播磨』(開催順)計6日間お店を出店予定にし、会議に参加してくれます。
DSCN4217.JPG

会議の最初。必ず行うアイスブレイキング。一瞬にして打ち解ける事はやはり難しいので、グループを作り隣の人を見ながら、目があったら(あ、どうも照)と挨拶するよう伝えましたお店を作るのは私(僕)のグループではなく、ここにいるメンバーと”こどものまち”をつくっていく。そういったことを少しでも感じてもらえればと考えながら進めさせてもらいました。

そして、今回の”こどものまち2018”の目玉といえば『ニッケパークタウン』での開催今回参加した”こども店長”もそうですけど”歴代のこども店長”たちが積み上げてきたまちがどんどん大きくなってここまで着たと思う。これは決して大人の力じゃないんだよ。君たちみんなの力だよ。そういった話をさせてもらいました。僕は『大人が羨むくらいのまち作ろうぜ!!』と思ったし、そう言いたかったけど、こどもたちはどう考えたのかな?また機会があれば聞いてみたいと思います。(逆にプレッシャーだったりして汗)

会議の流れは〈アイスブレイキング〉➔〈こども店長になるためには〉➔〈まちに欠かせないもの〉➔〈市町長立候補者会議〉➔〈お店の申請書書き込み〉といった流れで進んでいきました。
 
➔〈まちに欠かせないもの〉
 まちに欠かせないもので多かった意見は、『のんびりする場所が欲しい』と…そんなにも癒やしを求めていたなんて知りませんでした!!他には、ゴミ箱をもっと増やす。大型ビジョンで地図を写す。一方通行にして人がぶつからないようにする。当日初めて参加の学校があまり理解できてないように思う。と様々な意見が出てきて、ふと感じた良い違和感。去年は、公共施設の充実(警察や案内所、清掃局や銀行)と確かに街にとって必要なものでしたが、今回は「まち全体がすごい見えてるな」と。あと、この目線は自分だけのものではなく他の人の目線にも立てているのでは?と感じました。
_DSC3873.JPG

➔〈市町長立候補者会議〉
 まちに欠かせないものが意見として上がってきたので、それを大人がどうこう変えるわけではありません。”こども市町長”が今年のまちづくりを手がけていきます!市民の意見を聞き、よりよいまちづくりのために立候補者が7名集まりました!!みんなそれぞれ考えることがあったようで、Q『税金は必ず払わないといけないの?』A「銀行や警察などのお給料が確保できれば考え方は変えれるかも。銀行も儲かる仕組み考えてみる?」Q『オープニングはこどもたちだけでしていいの?』A「自分たちのこどものまちだもんね」Q『こども店長用の目立つ帽子はもらえるの?』A「それは、去年の店長が提案して作ったものだよ」
…アンサーが…なんか…冷たくない?と思われた方もいると思いますが、決して突き放そうとしているわけではなく、純粋に”こどもの発想に大人の意見を入れて邪魔したくなかったからです”ついつい喋りすぎてしまう大人(僕)いつもなら上記の5倍から8倍くらいは補足を入れてます。それってほぼほぼ僕の意見ですよね。意見入れに行っちゃってますよね?僕なりに考えたのが”必要なことは最低限”です。時に導いてあげることも必要(後述はそれ)ですが、1度自分の力でやってみる。これも大事だと思いませんか?『こーすればうまくいく』『あーすれば失敗しない』そうじゃなくて、『イメージをする…』”実現させるためにどう動く?!”『失敗したな…』”ここからどうする?!”そういう気持ちに少しでもなって自ら動く自主性を持って行動してもらえればと考えています。

➔〈お店の申請書書き込み〉
こどもたちの想いが詰まった”商品希望書”です!
SKM_C36818070517220_0002.jpg

SKM_C36818070517220_0001.jpg


予めやりたいことが決まっていて、書いているグループや、わからないけどやってみたい!!今回は”派遣会社”という名のお店…僕自身もこどものまちでは関わったことないですし、働いていたわけではないのでこれに関しては勉強させていただきます!こどもたちがイメージを持ってお店を作り込んでいこうと思います。
 今回は1つのお店”射的屋”さんのお話ですが、『ボーガンを使って射的をやりたい!』と意気込む男の子…だけどなかなかお店のイメージが沸かないようでスタッフがお手伝いに入りました。
Q「ボーガンって誰が持ってそう?」A「白とか緑とか茶色とかのぐちゃぐちゃの服着てる人」Q「それ迷彩やな。」
Q「じゃあ、その迷彩の服着てボーガン持ってる人ってどこに居そう?」少し考えてA「ジャングルの中?」
Q「じゃあその人はジャングルの中で何を狙っているの?」ドヤ顔でA「危険生物!!」
Q「これでなんとなくお店のイメージ出来たかな?」A「出来た!ボーガンは作りたいけど、迷彩はどうしよ?ま、後でええわ!先危険生物書いてみる!」
ということで、@イメージが出来たAしなければならないことがわかったB実現に向かう順序が見えてきた。
真剣に危険生物描いてました。高学年といっても自分が体験していない部分はどうも頭の中で繋がりを作って、この書面に落とし込むっていうのは難しいようで、スタッフの方から少し投げかけさせていただきました。ここから実現させるためにどういった動きを見せてくれるのか乞うご期待です!


最後に、こどもたちにアンケートをとりました。
36711063_1553479751430721_4571278025508782080_n.jpg

36663837_1553480634763966_1868358353407705088_n.jpg

どのくらい楽しみ?不安?など、なかなか口に出して伝えることは最初は難しいのでグラフに書き込んでもらいました!見ていくと、あれだけワクワクしてそうだったのに、実は不安な気持ちのほうが大きいんだ?!というこどもや、自信に満ち溢れていて大丈夫!任せとけ!と伝わってくるほどのこどもたちもいます。
この”こども会議”の中では、自分でやりたいことを見つけ、その実現のために道筋を考え取り組んでいきます。”理想のこども店長像”などは無く、”自分はやれる”という気持ちを持つことが大きな原動力となり、その想いがお店づくりに反映されていくのだと考えています。時に悩むことや、わからないことが出てきますので、その時は一人ひとりの様子をみながら最小限のアドバイスで再度取り組み始められるよう心がけています。今、不安に思っているこどもたちも少しずつ不安が払拭され、自ら動いてみよう。という気持ちになって取り組んでいけることを願いながら会議を進めていきたいです。
posted by 事務局 at 10:09| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

高砂学童 七夕〜みんなが元気に過ごせますように〜

image1.JPGimage3.JPGimage2.JPG
曇っていても風が吹き抜けても全く涼しくならない、なんとも蒸し暑い日が続いています。
梅雨明けもそろそろでしょうか?
学童では、「バイキンが増えやすいから、石鹸で綺麗に手洗いしようね」「こまめにお茶を飲もうね」と、声かけを行っています。

そんな中、雨でお外へ行けない時間を利用して、七夕の短冊にお願い事を書いてもらいました。

好きな色の短冊を選んでもらい、「何かこうかな〜」と、言いながら書いたお願い事は、本当に様々です。

「バットを買ってもらえますように」
や、「ゲームをいっぱいしたいです」
と、口に出して言えそうで言えない様なお願い事から、「家族が幸せになりますように」「みんなが元気にくらせますように」と、家族のことを想ったもの、「クロールが上手になりますやうに」「けん玉がじょうずになりますように」といった、最近頑張っていることに関するものなど、それぞれ微笑ましい短冊が並びました。

実際、「先生〜!今日な、はじめて蹴伸びできてんで〜」「(けん玉)のった〜!」「もしもしかめよかめさんよせかいの〜までいった!(けん玉)」と、教えてくれます。
「うれしかった?」「すごい!」と声をかけると、なんとも言えないにっこり笑顔を見せてくれます。

短冊は、保育室の笹に飾っています。
どうぞ、父母会やお迎え時にご覧になってください。
きっと、かわいいお願い事に癒されますよ。
posted by 事務局 at 08:08| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高砂学童 七夕

曇っていても風が吹き抜けても全く涼しくならない、なんとも蒸し暑い日が続いています。
梅雨明けもそろそろでしょうか?
学童では、「バイキンが増えやすいから、石鹸で綺麗に手洗いしようね」「こまめにお茶を飲もうね」と、声かけを行っています。

そんな中、雨でお外へ行けない時間を利用して、七夕の短冊にお願い事を書いてもらいました。

好きな色の短冊を選んでもらい、「何かこうかな〜」と、言いながら書いたお願い事は、本当に様々です。

「バットを買ってもらえますように」
や、「ゲームをいっぱいしたいです」
と、口に出して言えそうで言えない様なお願い事から、「家族が幸せになりますように」「みんなが元気にくらせますように」と、家族のことを想ったもの、「クロールが上手になりますやうに」「けん玉がじょうずになりますように」といった、最近頑張っていることに関するものなど、それぞれ微笑ましい短冊が並びました。

実際、「先生〜!今日な、はじめて蹴伸びできてんで〜」「(けん玉)のった〜!」「もしもしかめよかめさんよせかいの〜までいった!(けん玉)」と、教えてくれます。
「うれしかった?」「すごい!」と声をかけると、なんとも言えないにっこり笑顔を見せてくれます。

短冊は、保育室の笹に飾っています。
どうぞ、父母会やお迎え時にご覧になってください。
きっと、かわいいお願い事に癒されますよ。
posted by 事務局 at 08:04| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

★高砂学童★心をこめて…

高砂学童では、「母の日」「父の日」を兼ねて、5月6月に
「家族の日」のプレゼント作りをしました。
今年は、大好きなお父さん、お母さんに、心をこめて、『時計』を作りました。
1・2年生の作品です。
高学年の作品です。
 
一生懸命、メッセージを書いています。
「お母さん、いつも、おいしいご飯を作ってくれて、ありがとう。」
「お父さん、遊んでくれてありがとう。」
「お仕事がんばってね、」
など、子どもたちの、大好きが、いっぱいつまったお手紙に
胸が、キュンとなりました。
子どもたちを、思いっきりギュウされたことでしょう
お父さん、お母さん、この時計を見て、明日からも、頑張って下さいね❕ 
posted by 事務局 at 20:30| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

高砂学童 高学年部屋の様子

image1.JPGimage2.JPG
3年生から6年生までが過ごしている部屋が「高学年部屋」です。
中学年も沢山いますが、前からの名残りでこの呼び方になっています。

「ただいま〜」と帰ってきて、少しだけお喋りをすると、集中して宿題にかかっています。
とても静かにできていますよ。
(図書館みたいに静かです。)

早く宿題が終わると、遊びのスペースでレゴをしたり、あやとりや将棋等をして静かにお外へ行ける時間を待ちます。

だいたい4時には、お外へ行けるのですが、雨の日には外遊びができません…。
そんな時に、高学年部屋に登場するお楽しみが…

「卓球」です。
少しコンパクトで折りたたみの出来るものですが、これがかなり楽しめます。
トーナメント表を書いて、順番を守って、他のみんなは応援です。
審判をしながら、スコアもつけます。
最初はラリーが続けられなかった子も、学童で練習するうちに段々上手になってきました。
上達すると、もっとしたくなります。
初心者の子には、「ラケットをこうして持ってみ〜」「この辺をねらうんやで〜」「そうそう、じょうずやん」と、優しく教えてくれる姿も見られて嬉しく思います。
人数が少ない時は、支援員もトーナメントにかりだされます。
本気でやりますが、なかなか楽勝とはいきません…

梅雨になるこの時期、これからますます卓球の出番が増えそうです。
お家の方も是非、対戦してみてください。ヒートアップすること間違いなしです!
posted by 事務局 at 23:09| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

高砂学童 のびたくんに負けないよ

image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG
宿題が終わってから、お外へ行けるまでの待ち時間や、雨の日に。

1人でも2人でも楽しめるものってなんでしょうか?

高砂では、すっかり定番になっているのが「あやとり」です☆

あやとりと聞いて、どんな子達がはまっていると思いますか?
1年生?女の子?
いえいえ、男の子も女の子も、低学年も高学年も熱心にしているんですよ♪

高砂学童に、とってもわかりやすいあやとりの本があるのですが、それを見ながらやったり、最初は支援員に「おしえて〜」と言ってきていた子も、ある日「みて〜!」と、すごい技を見せてくれて驚かされます。
「どうやって覚えたの?」と聞くと、「○○くん(4年生の男の子)がおしえてくれてんで」とか、「おにいちゃんにおしえてもらった〜」とか、「お父さんにおしえてってゆったら、どうがでみせてくれた」と、嬉しそうに教えてくれます。
この間学童で初めてあやとりをしてみた2年生の男の子が、「はしご」や「かに」をして見せてくれたり、4年生の男の子が、「4段ばしごの競争しよ〜!」と支援員を誘ってくれたり、「ごむごむ」の競争をみんなでしたり、部屋の遠くからや、目の前で「先生、うさぎ!」と、見せてくれて「すごい〜!ほんまや〜!」とその完成度と技の多さに日々びっくりしています☆

高砂学童には、のびたくんに負けないくらいの、あやとり男子がいっぱいいます!

また、お家でもあやとりをしてみてください♪
とても素敵な時間が過ごせるとおもいますよ♪♪
posted by 事務局 at 13:30| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

★高砂学童★

高砂学童の子どもたちは、みなアイデアマン🙆
今日は、私たち支援員も、感動した、子どもたちのアッパレなアイデアや、様子をお伝えします(^o^)/
 
子どもたちは、ままごと遊びが大好きです。
「先生、何かご注文は、ありますか?」「飲み物は、何にしますか?」
そこで、デリバリーしてくれたのが、これです❗
なんと!🍺ビール
コープさんの広告の切り抜きがちゃんと貼ってありました。アッパレ
次に、最近、購入した「折り紙」の本を見て作った『めがね』です。
本物に、見えませんか?似合ってるね
すごく上手あっぱれ
 
最後に、折り紙名人のS君が、講師になって
『まわって飛ぶ紙ひこうき』作り教室を、開きました。
  
そして、みんなで飛ばしました
学童って、いいなぁ
って、しみじみ感じたひとときでした
posted by 事務局 at 19:33| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

高砂「桜の花びら」

月に1度、定例になっている千鳥文庫の先生による紙芝居&折り紙教室があるのですが、初めてパネルシアターをお披露目して頂きました
桜の花びらが、ありの布団になったり、ヘビのかさ、たぬきのおへそ、くまのかんむり、もぐらの帽子、ひよこのくちばし、かめのリボン、うさぎの髪飾りなど、お話に合わせて次々変化して現れます
 
 
 
最後には花びら模様の馬の出来上がり
 
そして、4月の折り紙は…
鯉のぼりでした
posted by 事務局 at 13:10| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

高砂「新入所歓迎会」

新1年生を迎え、3年生のお兄さんの司会で、歓迎会を行いました。
新入所児一人ずつ順番に
「どこの保育園からきましたか?」
「好きな遊びはなんですか?」
「好きな食べ物はなんですか?」
と、聞いていきました。
緊張しながらも、しっかり大きな声で答えることが出来ました。
「ぼくの弟(妹)です」
と、在所児のお兄さんのあいさつに笑いもあり、和やかに行われました。
在所児より手作りメダルとプラ板で作ったキーホルダーをプレゼントしました。
その後、みんなで外に出て【コロコロドッチボール】をして楽しみました。
posted by 事務局 at 18:31| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

高砂学童 「おたのしみ会」

 
 3月22日火曜日、「おたのしみ会」をしました。高学年がスタッフになって、企画・準備・進行まで含め、運営してくれました。
 
  プログラムです。
  ゲームは5つ、それぞれ結果によって得点をもらえるようです。そして会の終わりには、点数に応じたプレゼントがもらえるようです。
  プログラムの通り、5つのゲームをしました。中でも印象的だった「うしろはなんだ」について。
 
 
〈うしろはなんだ〉
  回答者をひとり選び、椅子に座ってもらう。その後ろで進行役がお題の書かれたボードを掲げ、それを見て子どもたちが回答者にヒントを出し、正解へ導くゲーム。
  
 ゲームがはじまりました。このときのお題は「むし」。
 
 ヒントタイムでは…
「飛ぶやつもある」
「色々な種類がいる」
「夏にいる」
「夏に出てくる」
 
  回答者タイムでは…
 
回答者 「セミ!」
子どもたち「惜しい!」、「合ってるけど、惜しい!」
回答者「…トンボ?」
子どもたち「そうじゃなくて!」、「セミとか、トンボとか…!」
司会「正解は、『むし』!」
回答者「むし、は合ってるやん!」
 
  他には「春」、「花」など、季節感のあるお題が出ていました。「花」に対するヒントでは、「咲くもの」、「冬には枯れる」、「いい匂いがする」、「蜜がある」というのが出ました。あたり前のことなのですが、ひとつひとつ(ほんとうに、そうだなあ)と、驚きと感動と新鮮さをもって聞いていました。
 
  他のゲームでも、きゃあきゃあおもしろがったり真面目な顔して相談しあったり、勢いよくジャンケンしたり。
子どもにとっては、たくさんのゲームで盛り上がった時間、大人にとっては感動をもらった、よい時間となりました。
posted by 事務局 at 16:59| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

高砂 ひなまつり

image1.JPG
2月22日の紙芝居の時間の最後に、おひなさま飾り作りをしました。
おひなさまの着物になる綺麗な柄の千代紙を、子ども達は楽しそうに「これとこれにする〜」と言って選び、先生と一緒にお内裏様とお雛様を折り、準備して頂いていた、折り紙のパーツをのりで貼って、とても可愛らしいものが出来上がりました。
紙芝居の先生が、「お内裏様とお雛様の違いはここの折り方だよ〜」と、教えてくださって、子ども達は、「こうやんな〜?」「もうちょっと、こうやっておるねんで〜」「あっ、そうか〜」と、お隣同士でもやさしく教え合いながらお人形を折っていましたよ。
わからないところを大人に頼るだけではなく、子ども同士で助け合う姿が微笑ましく思いました。

3月2日には、ひなあられとおひなさまのラムネを用意して、「明日は何の日かな?」「ひなまつり〜」とやりとりをしながら女の子をはじめ健やかな成長をよろこびました。











posted by 事務局 at 14:46| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

高砂「植えて来たよ」

2月3日(土)にどんぐりの植樹活動を行なうため、市の池公園へ行ってきました
 
道具や苗も子どもたちみんなで、運びました
 
山に上がると、説明を聞いて2、3人のグループに分かれて植えました。
 
 
 
 
学童に帰ってから、看板の切れ端を使って、各自好きな絵と日付を書いて記念の物を作りました。
 
 
どんぐりの木が大きく育ってくれますように
posted by 事務局 at 16:47| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

高砂 節分

image1.JPG
2月3日は土曜日なので、2日に節分おやつをしました。
恵方巻と豆を用意して、おやつの時間に子ども達に聞いてみました。
「今日は何月何日ですか?」
「にがつふつか〜」「きんようび〜」

「明日は何の日ですか?」
「どようび〜」「せつぶんのひ〜」「にがつみっか〜」

「明日は土曜日で、学童は開いているんだけど、みんなが来るわけではないので、今日節分のおやつをしますね」
「せつぶんあしたやで〜」
「なんできょうな〜ん」
「どーせまきずしたべるんやろ〜」
「まきずしいえでたべるし〜」
「あしたやし〜」
と、こんな風に、子ども達から返ってくる言葉は本当にそれぞれで、自由で、かわいいです。

恵方巻は、1本ずつビニールで包まれています。
「巻き寿司じぶんでまけないひと〜(手を挙げて下さい)」
1年生の何人かが手を挙げてくれました。
この聞き方で、伝わったんだと、感心したのでもう一度聞いてみました。
「お店で買ったおにぎりを自分で開けたことないひと〜(手を挙げて下さい)」
やっぱり、同じ子が手を挙げています。
いつも1年生には何人かいます。
「できないお友達は先生の所へ来てね」
と伝え、一緒に説明しながら、見ながら、巻きました。
2年生以上の子はみんな、自分で上手に巻いていました。
来年も同じ光景になるのでしょうか
そう思うと本当に些細な事でも成長を感じられます。
毎年の事なので、よくわかっている子ども達は、支援員が今年の恵方の方角を紙に書いて貼ると、当たり前の様にそちらを向き、お喋りせずに、もぐもぐ食べるのでした。
posted by 事務局 at 12:00| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

2018年01月29日

手作りしています 高砂

image1.JPGimage2.JPG
1月に入ってから、1.2年生の女子の中で、着せ替え人形遊びが流行っています。
室内遊びの時間に、何か楽しい事をしたいなぁ〜と、遊びを探していた女の子達に、支援員から「先生たちは昔こんな遊びをしていたよ」と紹介すると、わくわくした顔で制作にとりかかっていました。

裏紙を使って、まずお人形を作ることから始まり、少しだけ丈夫なつるつるした紙にえんぴつで女の子を描きます。それをはさみで切り取り、かわいい本体が出来上がると満足気な表情でした。

はじめは1人〜2人でしたが、楽しそうにやっているのを見て、すぐに沢山の女子が描いたり切ったり夢中になって遊ぶようになりました。

出来上がると、支援員にも見せに来てくれます。「そうそう、こんな感じ」「かわいいのができたね」と声をかけると嬉しそうに戻って、今度はお人形に色を塗ったり、お洋服を作ったりしていました。
たちまち、お人形や、おしゃれなお洋服、お姫様みたいなドレスやバッグ、髪飾り等…素敵な着せ替え人形遊びのアイテムが完成していましたよ。
それらを、おやつが入っていた箱にしまって、名前を書いて、大切に保管しては、毎日せっせと作っているのです。

支援員も、こどもの頃に作った記憶がありとても懐かしく思い、あの頃のわくわくが蘇りました。

自分が思い描いた物が自由に増やせて、形になるのが嬉しいのか、着せ替え人形で遊ぶよりも、毎日かきかき、チョキチョキやっています。
今では、お家までできています。
机や椅子、ベッド等の家具はなんと立体的なんですよ。
ぜひ、ご覧になってくださいね。
posted by 事務局 at 12:55| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

高砂「カルタとり」

年明けになると、思い出したようにし始めるのが【カルタとり】
低学年だけでしていることが多いですが、たまに、高学年のお姉さんに入ってもらって一緒にしています。
虫のカルタが、流行っています(^-^)/
posted by 事務局 at 14:09| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

今年の抱負★高砂学童★

新年、明けましておめでとうございます
今年も、毎年恒例になりました、『今年の抱負』を、子どもたちに、書いてもらいました。
111.jpg
一年の始まりに、何か目標をたてて、日々を過ごすことは、とても、大切なことと思います。
「算数をがんばる。」
「サッカーがうまくなるようにがんばりたい。」
「字がきれいにかけるよう にがんばります。」
など、子どもたちの思いが
伝わってきて、ほっこりあたたかい気持ちで、いっぱいになりました
今年も、笑顔あふれる、よい一年にしたいですね
posted by 事務局 at 21:11| Comment(0) | 高砂学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする