2019年05月24日

こども店長会議って?part2

では、開催日前の会議はどんなことするの?
会議での主な動きは
@お店を決める
A材料を調達する
B予算に合わせて商品を作る
Cお店に必要な看板や、メニュー表を作る
D店長なので、アルバイトを雇う
E自分達のまちについて話をする

今日はAの材料を調達する‼です。

お店を決めて、何からしよう?!例えば、シュシュを作りたいなら何が必要かをまず考えます。
布に…ゴムに………これくらい?じゃあ、布は何で切るの?布をくっつける為には何を使う?
といったようにスタッフは疑問系でこども達に尋ねます。
そうするとこども達は自然に考えるんです。切るのははさみかな?と。
そこで、グループのある1人が布用のはさみじゃないとだめだよ。と声を掛けると
そんなのあるの?!とか、そっか、そっちの方が切りやすいね。
と、こども達だけである程度深い所まで話が出来て見てて面白いな。と思います。

上記のようにまず必要な物をピックアップしてから次は、どんな布にするか
お店の名前に合うように、その柄をチョイスしたりして一緒に混ざって、あれはどう?!これはどう?!という大人の気持ちは我慢我慢

では、どこで買うのか?!
@こども会議中にインターネットで購入する
Aこども会議中に買い出しに行く
Bこども会議終わりでお家の人と買い出しに行く

@は、インターネットで色んな柄が一度に見れて嬉しいのですがインターネットで注文する時の弱点として
[送料と代引きがかかる]
どうしてもほしいなら、それでも買いますが、こども達は頭を悩ませながら選びます。
Aは、加古川市の総合会館で会議を行う時のみニッケパークタウンへ買い出しへと出かけます。
Bは、こども自身がどこへ買いに行けば何が手に入ると分かっている状態の時に、保護者の方にお願いして買ってきてもらいます。

そうすることで、だんだんと準備は整ってきましたが、整ってくると当たり前ですがお金は減っていきます。
お店なので、限定品3つだけつくる!というわけにもいかないので、
会議中にどの商品を何個くらい作るかを計算しながら予算と戦います。

悩むことが多いのですが、自分で悩んで考えて自分で答えを出した時の成功例や失敗例はこどもたちの今後の財産になるのでどんなことでも頭と身体を動かして頑張って貰いたいと思っています。

明日はB予算に合わせて商品を作るを細かく説明していきますね。

なかなか文章では説明しきれないので、お電話で聞いていただいても大丈夫です。
TEL:079-441-9289 高砂キッズ・スペース こどものまち実行委員会
HPでも確認できます。http://kodomonomachi.com/
それでは、みなさまの参加心よりお待ちしております!!




[お申込みメールフォーム]sen2010@kidsspace.jpに空メールで登録画面へすすみます📩

posted by 事務局 at 15:31| Comment(0) | こどものまち2019 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。