2018年09月06日

足して、引いて、作っていく。こどものまち会議4回目

第4回こどものまち会議が終了しました!

IMG_2657.JPG


今回は、前回の会議で予算書や商品希望書を完成させたこどもたちが、具体的な商品作りにとりかかる姿が多く見られました。
この段階までくると、机の上で話し合ってる時には見えていなかったものがたくさん現れてきます。

加古川での開催日までにはそれほど日も残されていないので、加古川で出店するこどもたちにはあまり多くの時間は残されていません。
高砂、播磨で出店するこどもたちも、初めての参加となるとたくさん考えること・準備することがあり、やはり大変だと思います。

店長になるということは作る側だけでなく、作ってもらう側にもならなければいけません。与えられた予算分のものをちゃんと最後まで作れるのか、働きに来てもらうこどもたちに作る工程をどう割り振るかなど、お店全体を運営するための視点も必要になってくるため、試作段階まで進んでいても、予算などとの折り合いがつけられずに、もう一度企画から見直さなければいけなくなることもあり、なかなか一筋縄ではいきません。

準備の進み具合はそれぞれのチームによって様々ですが、会議の回数を重ねるごとに自分たちの希望がだんだん形になっていくのは楽しく、やる気にもつながります。物づくりの段階ではとくにそれが実感できるので、全体にこどもたちの表情は明るく、会場は活気に満ちていました。

会議も4回目。残りの回数もわずかになってきました。前回も書かせて頂いたことですが、予算も用意できる物も、自分たちのお店のスペースも、大人はもちろん、こどもたちから見ても限られたものです。

たくさんお金をかけてお店を大きく、物もたくさん用意できればいいのにとこどもたちも考えるでしょうが、あるものの中でやりくりして、自分たちの力で形にすることに意義があると思います。

足し算だけでなく、時には引き算で考えることが現実的な問題解決の手段につながることがあります。

ぜひ本番までの準備期間でいろいろなことを楽しく学んでもらえたら嬉しいです。

3.JPG
5.JPG
1.JPG
2.JPG


posted by 事務局 at 11:15| Comment(0) | こどものまち2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。