2018年05月01日

米田学童「こいのぼりでなくて鯉の釣り」

 こどもの日に先立って、今年はバケツにみたてた大きめの紙コップに
思い思いの絵を描いたり、折り紙製作を貼ったりしてそこに釣った魚(鯉と金魚らしきお菓子)を
入れて持って帰ってもらいました。
DSCN2118.JPG
DSCN2136.JPG

 
何回かシュミレーションをして、これなら釣れるという形で高学年にまず、試してもらいました。

各部屋でもらった引換券と釣り竿を受けとり、5か所ある釣り堀で好きなお菓子鯉を釣ります。
釣れると大きな声で「つれました〜〜〜」と。
DSCN2134.JPG


難しすぎず、簡単でもなく高学年もけっこう、楽しんでいました。

DSCN2126.JPG
釣りにくく苦戦している場合にはお店役の人がちょっと動かしてくれたりと協力する姿もたくさん、見られました。

「俺、めちゃスムーズに釣れたで〜〜」と自慢する男の子達。
自分が子供ならこんなことしたら、楽しいだろうなと考えた釣り堀でしたが成功だったみたいです。
楽しい事は、今も昔もかわらないという事かもしれません。
 
posted by 事務局 at 09:54| Comment(0) | 米田学童保育所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする